Taylor Swiftについて

テイラー・スウィフトは、アメリカ合衆国のカントリー・ミュージック歌手で、シンガーソングライターでもあります。10代を中心に若者からの絶大な支持を受けています。立て続きにヒット曲を生み出していて、今現在、大注目のカントリーミュージック歌手です。

スウィフトはペンシルベニア州ワイオミッシングで生まれました。現在はテネシー州ヘンダーソンビルに両親と弟と共に住んでいます。スウィフトは、プロのオペラ歌手だった祖母とカントリー歌手のリアン・ライムスの影響を受けて、カントリー歌手になるということを決めました。

他に、パッツィ・クライン、ドリー・パートン、シャナイア・トゥエインといった女性カントリー歌手や、ディクシー・チックスをよく聴いていたそうです。  2006年、スウィフトはビッグマシンレコードで活動を開始しました。

デビューシングル「Tim McGraw」と、デビューアルバム「Taylor Swift」を2006年10月にリリースしました。アルバムはビルボードの総合アルバムチャートBillboard200に19位で登場しました。発売後の1週間で6万1,000枚以上を売り上げました。

そのあと、Billboard200では5位に上がり、カントリー・アルバム部門では1位を獲得しました。現在、Myspaceでのストリーム数は、2000万回を超え、Myspace内のカントリー歌手ランキングで1位を保っています。


ヒット作続々

2007年には、3枚目のシングル「Our Song」がカントリーチャートで6週連続1位を記録する大ヒットとなりました。  2008年11月11日に全米でセカンド・アルバム「Fearless」がリリースされました。

このアルバムはBillboard200で1位を獲得し、一週間で59万2000枚を売り上げ、記録的なヒットとなりました。同じアルバム内の「Change」は一部が北京オリンピックのアメリカ代表の応援歌に採用されました。

また同じアルバム内の曲で、シングルで発売された「Love story」はiTunes Storeで2位、ビルボード100で5位になり、大ヒットとなりました。

またスウィフトは2008年10月25日にフィラデルフィアで行われたMLBのワールドシリーズの試合前にアメリカ合衆国国歌「星条旗」を歌いました。

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により被災された方たちと日本に住む全ての人に向けたメッセージということでMUSIC PEN CLUBで「日本で被災されたみなさんに、私の想いと祈りと愛をお送りします。」と語っています。